Tree

日々の雑記ノート

メンタルヘルスは風邪と同じ

今日この記事が目に止まって、改めて考えたこと。

www.huffingtonpost.jp

 

メンタルヘルスってどうしても偏見があって重要視されにくい。

よく巷では、メンヘラと同等の扱いで揶揄されていたりする。

 

でも、本当に心の病は身体的な病気と同じだから

軽く見たりしないでほしいな、と思う。

本人にとって、それはそれは辛いことだから。

ガン患者に、病気になるのはあなたの性格が悪いからです

とか

そんな生活してきたからです

とか

やばい、こんな病気になってる人とは関わりたくない!

と、責める人いる?

 

(まあ、そういう人もいるかもしれないけど)

 

文中に、王子王女に対して

メンタルヘルスの問題が、普通に捉えられる世界で成長できればいい」

とあるけれど、全くその通りで。

 

偏見や差別のない社会にしていこう、できることから。

まず自分から変えていこう、と思って

私は産業カウンセラーの資格をとった。

自分が、鬱になったこともあって

よくなって

心理学にとても興味を持った。

 

カウンセラーとして活動していけるように

もっと勉強して、苦しんでる人がほんの少しでも

気持ちが軽くなったり、病気がよくなったりする

お手伝いができたらいいな、と

ちょっと真面目にいつもより真剣に

思ったのでした。

 

 

 

 

 

雨と雷と雹

今日は、図書館から戻ってきたら

ものすごい雨と雷、そして雹まで降ってきた。

今月は、ずっと雨。

夏はどこにいったんでしょうね。

 

そして今日観た映画はこれ

wwws.warnerbros.co.jp

 

 人生の乗り越え方を描いたストーリー

受け入れられない現実から逃げるのではなく、まず認めること。

そこから前に進める。

これ、にゃーりんと観たいと思った。

どう思ったか、自分ならどうするのか。

話したいことたくさんある。

 

あと、「ビフォア・ミッドナイト」も大好きな映画

www.youtube.com

 

この映画は三部作で、前作2作はいずれも曖昧な含みをもたせた終わり方だったけど

それが今回では不明だった過去が描かれてる。

それぞれにパートナーがいながら、お互いの気持ちが本物だと気づいて

結婚した二人。現実の生活は、おとぎ話じゃないから、

離婚した相手の子供のこととか、仕事のことで喧嘩が始まる。

大切な休暇の最後の日に。

この映画の最後、仲直りでジェシーが素敵なロマンチックなことを

セリーヌに言ってくれる。これからが黄金期なんだよ、80才の君は今と同じ

く魅力的で綺麗だと。

もう、ずきゅんときたわけです。

 

にゃーりんとたくさん一緒に映画みたいな

もっと話したいな

そしてこれからもずっとずっとずっと一緒にいたいと思った。

 

二年前に私たちの時間はとまったままだけど

もう進みたい。

 

 

広告を非表示にする

映画「王様のためのホログラム」感想

世間はお盆休み。

なので私にとっては、DVD映画祭りなのだ。

5本借りたうちの

2本目の映画は、「王様のためのホログラム

トム・ハンクス主演。

hologram-movie.jp

 

正直、これはあまり面白くなかった(あくまで私の素人感想)

映画のテンポがぬるい。そしてちょっと、微妙に、暗い(太陽がサンサンなんだけど)

 

そのちょっとひっかかるテンポはなんなんだろう?

と考えた。

 

ストーリーは、離婚をして、仕事も失い、ついでにやる気や人生の目標も失った

おじさん(失礼)演じるトム・ハンクスが、異国で繰り広げる人生謳歌とある。

再就職先の上司から「やる気を見せろ」と言われ

サウジアラビアに出張命令が下る。

行った先で、待ち受ける困難に立ち向かおうにも

本人にはやる気がおきない。

そのやる気を削いでいるある意味元凶の象徴としての、背中のたんこぶ。

その時のセリフ

「生き方を見失った、

昔はできたこと、複雑な物事や状況をシンプルにすることが

できなくなった」

物理的にそのコブを取り除いて、主人公は

やっと自分の力を取り戻す。

コブ=悪者を取り除いたのだから

悩みを何のせいにもできないと。

 

後半、手術をしてくれた医者と距離を縮めていく様子は

なんだか微笑ましい。

 

人生は長くなると、気がつかないうちに

いろいろいらない荷物まで背負ってしまう。

それが積み重なって、重みとなって

心にいつしか不自由な鎖を纏ってしまう。

20代の頃のように、いけいけどんどんで

進めなくなっている。

そんなことが、この映画のテンポになっているのかもしれない。

暗さと書いてしまったけど

落ち着きや、深い気づきのようなものかもしれない。

最後の方に、ふたりで海に潜るシーンは

大切なものは何か、

お互い、人生の出来事から学んだからこそ

わかることもある、

そんな比喩なのかも、と思えた映画だった。

 

もちろん、最後に主人公は

新天地で新たな仕事をみつけ

恋人と新しい生活を始める。

 

人生は、どこでなにがあるか

わからない。いつだってやり直しはできる。

自分の気持ち次第だなあ、って前向きになれる映画でした。

 

後ろ向きな気持ちの時は好きな映画を観よう

今日は特別な日だけど、いまいち気分はのらないなー

どんより曇ってて、たまに、雨が降ったり

涼しいのに、気分は夏バテだ。

 

Twitterのタイムラインを見ると

好きな映画のタイトルが流れてきた。

 

そうだ!映画をおうちで観よう!!!

 

アン・ハサウェイが好き。大好き。

髪の毛から、顔立ちから、体型、声、パーフェクトなのである、私にとって。

内面を知らないので想像しかできないけれど、きっと彼女は性格がいいと思う。

あんな風になりたい、と憧れている女優さん。

彼女を知って、好きになった作品。

 

プラダをきた悪魔」

 

久しぶりに観たから、驚いたのだけど

まだiPhoneがない!!!!!!

まず、内容よりそれに驚いた。ぴーぴーガラケーの音がうるさい。

公開いつだっけと調べたら、2006年公開だった。

ファッション 業界が舞台になっているので

衣装に時代は感じてしまうけど、この映画で描かれていることは

普遍的なものじゃないかなと思った。

 

内容は、仕事と恋にむちゃくちゃ頑張る主人公のサクセスストーリー

と言ってしまえば簡単なんだけど

その言葉に、頷くことが多い。

悪魔の上司から、グサグサ言われて泣き出すアンディに

先輩は、愚痴を言って甘えてるだけ、自分の恵まれた立場を考えろ!

自分の仕事をしろ!とカツを入れられたり

忙しくてデートもままならない、ぞんざいに扱われて怒った彼氏からは

「いつも仕方ないで済ませるんだ、自分が選択してるのに!」

と文句を言われたり(ここは、にゃーりんに同じ文句を強く言いたい)

悪魔の上司から認められ、最後に新しい仕事先にフォローの電話を入れておくところなんか

イカした上司っぷりを見せてくれてます。

 

結局は、もともと目指していたジャーナリストへの道を進むアンディ

彼氏とも仲直りできて、新しく始まるところで

映画は終わっている。

 

私の今の状況とは全然違うのだけど

どうしようもなく、恋愛でふたりがすれ違っていくことが

切なくて。

映画を観て、泣いて、感情移入したらなんだか、そのあととても元気が出る。

よし、もう一度カンバロウ。

にゃーりん、素敵な映画だったよ。

今度一緒に観ようね。

 

 

ラブレター

にゃーりんへ

 

お元気ですか? 忙しいのかな?

もうずいぶんと会ってお話しをしていないように思います。

 

ちょっと今日は、いつになく真面目な気持ちになって

これまでのことを振り返っておこうと思いました。

 

もし、いま

私が何かの事故や災害や病気で倒れたりしたら

私たちのことが、どこにも書かれていないことになります。

 

そう考えたら、とても怖くて悲しくなりました。

私とにゃーりんのことがなかったことになってしまう。それは嫌だ。

 

にゃーりんに手紙ってそういえば書いたことはなかったなあ

いつもはmessengerを送るか、Twitterでしか

お互いを確認できなかったから。

 

だから、今日はブログに手紙をおいておきます。

 

 

どうして、連絡がとれなくなったのでしょうね。

どうして今も仲直りができないのでしょうね。

 

私は今も、喧嘩になったあの日のことを覚えています。

初めての昼間のデートでしたよね。

 

それまでは、飲みに行くことがほとんどだったから。

 

上野でのデートはいい選択でした。

いつも私に会うと、最初に少し面倒くさそうなポーズをつけるところが

照れ隠しみたいで、少し可愛かったです。

 

にゃーりんの好きな展覧会を観て

公園を歩いて、お昼ご飯を食べて

そこで、いろいろお話しましたね、私の問題のこと。

 

そのあと私の大好きなソフトクリームを食べながら、

これからふたりでどこに行こうかと話したんだよね。

群馬で温泉、ディズニーランド、千葉にドライブ行こうか?って

 

自分は「猫」っていうにゃーりん。

私は、にゃーりんの後頭部が好き❤️って言ったっけ?

ちょうどなでやすい猫の後頭部と一緒だから、かな。

 

私:「にゃーはどういうときに出てくるの?」

にゃーりん:「ふうう~~~ああ、もうっっ💢ってなるとき」

私:???

 

自分の気持ちをうまく表現できないことは

誰しもあるよね。笑

 

でもね、はっきりいってほしいときだってあります。

喧嘩の原因は、ふたりともわかってて

そしてどうしたら、仲直りできるのかもわかっていますよね。

 

今年の夏で、出会ってから4年が経ちますよ。早かった

 

私たちはほとんど会うことなく、

多分他のカップルに比べたら(比べる必要はまったくないけど)

一年に数回会っただけでしたね。

 

喧嘩をしてからは、やりとりはTwitterのみ。

直接会話もなく、私が何も知らないところで

勝手になんでも進めてしまうにゃーりん。

私がやりたかったことをすべて、他の人にしてあげる。

仕事もドライブも旅行も

 

話がしたいのに会えない。

すれ違いがどんどん大きくなり

私はにゃーりんに不満をぶつけるしかありませんでした。

 

それでも、信じてこれたのは

にゃーりんが贈ってくれた、たくさんの歌であり

Twitterの言葉でした。

 

でもね、もう新しい世界に進みたいと思うのです。

もう準備も万端だから。

 

そして、仲直りして、ふたりの未来を歩き始めても

またここにこうして手紙はおいておこうと思います。

 

I love you❤️💖💛💙💚💜😻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にゃーりんへ

 

お元気ですか?忙しいのかな?

もうずいぶんと会ってお話しをしていないように思います。

 

ちょっと今日は真面目になって

これまでのことを振り返っておこうと思いました。

 

もし、いま

私が何かの事故や災害や病気で倒れたりしたら

私たちのことが、どこにも書かれていないことになります。

 

そう考えたら、とても怖くて悲しくなりました。

私とにゃーりんのことがなかったことになってしまう。それは嫌だ。

 

にゃーりんに手紙ってそういえば書いたことはなかったなあ

いつもはmessengerを送るか、Twitterでしか

お互いを確認できなかったから。

 

だから、今日はブログに手紙をおいておきます。

 

 

どうして、連絡がとれなくなったのでしょうね。

どうして今も仲直りができないのでしょうね。

 

私は今も、喧嘩になったあの日のことを覚えています。

初めての昼間のデートでしたよね。

 

それまでは、飲みに行くことがほとんどだったから。

 

上野でのデートはいい選択でした。

いつも私に会うと、最初に少し面倒くさそうなポーズをつけるところが

照れ隠しみたいで、少し可愛かったです。

 

にゃーりんの好きな展覧会を観て

公園を歩いて、お昼ご飯を食べて

そこで、いろいろお話しましたね、私の問題のこと。

 

そのあと私の大好きなソフトクリームを食べながら、

これからふたりでどこに行こうかと話したんだよね。

群馬で温泉、ディズニーランド、千葉に行こうか?って

 

自分は「猫」っていうにゃーりん。

私は、にゃーりんの後頭部が好き❤️って言ったっけ?

ちょうどなでやすい猫の後頭部と一緒だから、かな。

 

私:「にゃーはどういうときに出てくるの?」

にゃーりん:「ふうう~~~ああ、もうっっ💢ってなるとき」

私:???

 

自分の気持ちをうまく表現できないことは

誰しもあるよね。笑

 

でもね、はっきりいってほしいときだってあります。

喧嘩の原因は、ふたりともわかってて

そしてどうしたら、仲直りできるのかもわかっていますよね。

 

今年の夏で、出会ってから4年が経ちますね。早かった

 

私たちはほとんど会うことなく、

多分他のカップルに比べたら(比べる必要はまったくないけど)

一年に数回でした。

 

喧嘩をしてからは、やりとりはTwitterのみ。

直接会話もなく、私が何も知らないところで

勝手になんでも進めてしまうにゃーりん。

私がやりたかったことをすべて、他の人にしてあげる。

 

話がしたいのに会えない。

すれ違いがどんどん大きくなり

私はにゃーりんに不満をぶつけるしかありませんでしたね。

 

それでも、信じてこれたのは

にゃーりんが贈ってくれた、たくさんの歌であり

Twitterの言葉でした。

 

でもね、もう新しい世界に進みたいと思うのです。

もう準備も万端だから。

 

そして、仲直りして、ふたりの未来を歩き始めても

またここにこうして手紙はおいておこうと思います。

 

I love you❤️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

毒親

「毒になる親一生苦しむ子供」

ぎょっとする本のタイトルだな、と思い手に取った。

 

私は、昔から親兄弟との関係でうまくいってなかった。

自分の生き辛さがなんなのかまったくわからなかった。

自分の性格が悪い・頭が悪いと

言われ続けていて

そうだと思い込んで、自分も直そうと努力していた。

 

その頃、この本に出会った。

読んで、一言で言えば「カタルシス」。

 

自分の辛さはこれが原因だったのかもしれない。

長年苦しめられてきて、解決方法もわからない。

それが、これが原因ですよ、と本から教えられた。

 

原因がわかると、人間は不思議なもので

もう悩まなくなる。それより、どうすればいいのかということに

時間を割く。

 

最初は、親に対して恨みもあった。どうして他の親みたいに優しくしてくれないのだろう、他の親子関係はもっと親密だ、子供に関心がないのはどうしてだろう。。。

他の友達が羨ましかったりもした。

 

でも、もうそんなことはどうでもいいという気持ちになった。

親も人間なんだ。

だから同じことをそのまた親からされてきたんだ、と。

加害者はある意味被害者である、という風に考えるようになってから

私は、許す気になれた。

許すことは、距離を持つこと、という意味。

仲良くすることではないと思っている。

 

親の方は、未だに改まっていないが

それは仕方がないし、私は自分の人生を

同じ色で塗りつぶしたくはない。

 

でも、もしかしたらまだ本当の原因は解決していないのかもしれない。

未だに彼とのことが進まないのも、もしかしてこれが原因かもしれない。

 

正しい道なんてない。

試行錯誤しながら

それでも私と一緒に道を歩いていってくれる愛する人

見つけていくのだと思う。

 

その道に意味があるんだ、と思う。

 

 

 

広告を非表示にする

最近思うこと

なんだかいつまでたっても解決しない問題があって

かれこれ

1年8ヶ月以上愛情はもつれてる。

 

途中何度か解決の糸口が見えたと思ったら

また闇の中にどぶーん

 

いつまでたっても同じことを繰り返し

 

こうすべき、こうあるべき

みたいな世にある恋愛指南法(?)は気にしてなかったけど

さすがにここまでくると、それに全くあてはまらない私の考えが

もうだめなのかもと弱気になる。

 

カップルの数だけ幸せの形はある。

だから私たちの幸せも私たちでつくっていければいい。

周りの言うことなんか聞いていられない。

 

にゃーりんと仲良くしたい。オープンに周りの人たちとも付き合いたい。

ただそれだけなのに、どうしてこじれてくるのかな。。

 

まあ、いろんな問題があるんだけど

なかなか。こうやって書いてみても

気持ちの整理とか、頭の中の整理とか

できていない。

 

広告を非表示にする