Tree

日々の雑記ノート

生活保護の生活が始まりました

12月6日、私の生活保護の生活が始まった。

 

2度目の申請でやっと認められた。

本当に行き倒れる寸前?いや、ほぼ明日からはホームレス状態で

これで断られたら、下記のNPOに行こうと腹を括って

区の福祉課に足を運んだ。所持金は銀行に2千円しかなかった。

財布の中身は、数百円。電車賃分くらいしかなかった。

 

2度目の時は女性の方が対応してくださったので

多分私の困窮具合をわかってくれたのかもしれない。

生活保護は審査が厳しいと言われているけれど、その通り。

これだけ厳しくしても不正受給が減らないのだから。

本当に困窮している私のようなものが

その不正受給者によって、支援を得られないでいるとしたら

この国の福祉制度自体終わってると言わざるをえない。

正直者がバカを見るという世の中は、福祉の社会では絶対あってはならない。

 

私は本当にお金がなかったので

喫緊に必要な少額を当日支給してもらい、残り保護費をもらったのが

申請から1週間後だった。

保護費でしてはいけないこと、それは借金の返済。

クレジットカードも使えない。もちろん借金はできない。

臨時収入はすべて報告。収入は丸裸にしなければいけない。

保険証もない。

病院にかかる時は、都度、区に先に申請して医療券を発行してもらう。

区が全額医療機関に支払う形だ。

家賃も家賃手当以下のところに引っ越さなければいけなくて

今住んでいる区で探すのは本当に大変だ。

また、生活保護に対して、偏見がある人も多い。

私も自分が当事者になるまで、事情なんかしらなかった。

正直に言うと、あまり知ろうともしていなかった。そんな自分を恥ずかしいと思う。

 

大家さん、信じられないけど病院も生活保護の人を受け入れないところもあることを知った。

貧困は、本人にとって精神的ダメージがとても大きい。

 

私の場合、何年もかけて

人間関係・失業・病気に悩まされ

一体何が悪かったのか

私の何がいけなかったのか

自責の念にかられてその沼から抜け出せなくなっていた。

私が行動を起こしても物事はどんどん悪い方に進み、私が望んだこととは

まるで正反対に進んでいった。

為す術がなく、途方に暮れて

これほど自分の人生が砂を噛むようなものだと感じたことはなかった。

 

父の一周忌が過ぎ、私は父と最後に交わした

「死んじゃいけない」という約束を思い出し

NPOもやいのことが書いてあるツイートを目にした。

 

そこで私は腹を括ったのだ。

 

今は、病院にも行って、真っ暗闇だった私の人生に

弱々しいけれど光が見えてきた。次のステップは仕事探しだ。

 

ここからがスタート。

ゼロからのスタート。いや、今はまだマイナスかも。

でも、何度でもやり直してみせる。

 

 

 

www.npomoyai.or.jp

昨日のこと

昨日観たDVD映画がとてもよかったので感想を残しておこう。

 

ひとつは、「LION/ライオン 25年目のただいま」

(邦題がイマイチなのは目をつむって)

https://www.youtube.com/watch?v=P9_HDMoK338

 

これは私の心に突き刺さった映画。

5歳の子供が迷子になって、運良く(?)しかも他国へ養子に出されるけど

ずっと心にある本当の家族への思い、恵まれた環境で育つけれども

本当の親に会いたいという思いは断ち切れない。

育ての親は理解があるし養子への深い愛情もあるのに、本人の心の隙間は埋まらない。

そして、とうとう自分の故郷を見つけ出して、彼は家族と再会を果たす。

 

これ実話だそうです。

インドのスラム街で、どこの国でもそうかもしれないけれど

子供がたった一人でいきていかなくてはいけない過酷な環境・貧困問題。

養子の難しさと素晴らしさ。

私も養子のことは関心があるので、この映画が他人事や

美談だけではないことに、身につまされる思いでこの映画を観た。

養子のことだけではない、貧困問題も私にとって考えさせられる

本当にとても良い映画だった。

 

あと、観たのは「美女と野獣」実写リメイク版。

これも安定のおとぎ話。私が好きなのは、アラジンだけど。

わかりやすいストーリーが、今の私には心地良い。

主人公ベルが変わっている子として

つまはじきにされているところが、今の私に似ていて安心できたところもいい。

悪者は消え去り、最後はハッピーエンド。

不安定な今の私には、こういうわかりやすさで安心できる映画が

とても力になるから。

 

最後に、映画ではないけど

今観ている連続テレビ「わろてんか

今週は「われても末に」というサブタイトルだった。

お互いを思う気持ちがあれば、どんな酷い喧嘩をしようと

ひととき別れることになっても

障害を乗り越えて再びひとつになる、のですよ。

よかったよかったよかった。ああ、本当によかった。

 

瀬を早み 岩にせかるる滝川の

われても末に 逢はむとぞ思ふ

 

ですとな。にゃーりん。

こうして私は少しずつ回復しています。

 

広告を非表示にする

備忘録メモ

Living well is the best revenge.

 

自分がハラスメントを受けて闇に落ちそうになったら

これを唱えようと思う。

相手と同じことを返さない。

 

ネットに書き込まれたいわれのない誹謗中傷と暴言

仕事で受けた嫌がらせの数々

はらわたがにえくりかえる浮気相手からの嫌がらせマウンティング行為

 

許せないのは私が悪い?

私の器が狭量なせい?私が性格悪いから?

暗いから?メンヘラだから?仕事できないから?

NO,NO,NO,NO,NO,NO!!!!!!!!!!!!!!!

理不尽な行いには屈しない。

でも相手と同じ方法で「し返す」ことじゃない。

 

嫌がらせしてくる相手の幸せを祈ってる、なんて

上っ面の善人口調で嘘はつかない。

そこまでお人好しでも性格がいいわけでもないから。

 

そのかわり、私は私の幸せのために

好きな人の方を向いて、ありったけの思いで

I love you

という。

 

 

広告を非表示にする

見えない壁と砂時計

いったいいつになったら会えるんだろう。

この距離は永遠にうまらないのだろうか。

 

不安と恐怖に支配されている心

2015年9月から

時計は止まったままだ。

 

動かしたいのに、動かない。

何度も何度も

乗り越えようともがいても

私も彼もすれ違い。

 

何がいけないのだろうか?

もうどうしていいのかわからない。

誰にもわかってもらえない。

時間だけはすぎて

でも二人の時間はいつまでたっても始まらない。

勝手に進むのは彼。

私はいつも置いてきぼりだ。

 

今度こそと思うけれど、会えない。

恐怖で足が動かない。

2年と1ヶ月、これからもこの地獄が続くのだろうか。

二人の大切な記念日、お互いの誕生日、楽しそうなハロウィンやクリスマス

バレンタイン、私はいつも一人で

砂を噛むような思いで見送ってきた。もう何度も。

 

 

 

 

元気をもらった話

「慎重に検討いたしましたが、今回はご希望に沿えない結果となりました。」

私のメールボックスの「ぼつ」フォルダには、たくさんの上記のような選考結果のお知らせが入っている。

 

私は現在失業中。

もうかれこれ今年に入ってからずっとだ。

今までも何度も仕事がない時期はあったけれど

今回は少し長い気がする。

 

マズローの5段階欲求説という心理学があるけれど

そもそも仕事がなければ、一番下の欲求である「生理的欲求(食べる・飲む・寝る)」という土台となるものが崩れていくのだ。

仕事がなくなることは、貧困に直結するのである。

貧困とは、心が荒んで行ってしまう

人間らしい心がお金の心配でまともに機能しなくなってしまうものだと思う。

 

でもお金そのものよりも、仕事がないということが

人にとって一番苦しいことではないかと最近思う。

一人暮らしならば、誰とも会わない、だれとも口を聞かない日々が続く。

どんどん、社会から取り残されていくどうしようもない焦燥感。

目に見えない時間の流れは、今は、目の前に砂時計が置かれて

みるみるうちに砂が減っていくのが可視化されているようだ。

自分の命が削られていくのを、どうする術もなく眺めているだけ。

 

たまらなく不安で押し潰されそうだ。

 

そんな気持ちを抱えて、ある人に助けを求めたら

その人は助け舟を出してくれた。

私の苦しさを理解しているその人は

「少し他の世界をみてごらん。」と魔法使いのように

動かなかった現実を動かしてくれた。

 

今私は、やっと落ち着いて

あたりを見回して、ここからまた歩いていくんだ

と、元気がでてきた。その人には本当に感謝しかない。

 

人との出会いは本当に不思議だなあ、としみじみ思う。

そして、世の中は助けられて助けて

まわっていくんだなあと。

 

私もあの人のように、懐の深い人になりたい。

そしてもう少し元気になったら

私も困ってる人の力になりたい、と

そういうひとになろう、と思ったのでした。

 

ありがとう、たつあにき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

結婚ということ

不倫騒動で議員を辞職した人のニュースで

結婚ということをあらためて考えてみた。

 

複数人と同時に恋愛をすることを

ポリアモリーというらしい。不倫とか浮気とは違う

パートナー公認で複数人と付き合う。当然既婚者でも

この性愛者はいる。

でも、それだとどうして結婚するんだろう?

結婚なんかしないで、独身で同じ考えの人と付き合えば?

という疑問がわく。

 

私は、一人のひとだけとしか恋愛関係にはなれないし

それを望んでいる。だから到底上記のことは理解できないし

もし、好きになった人がそういう性愛者だと、とても困るし苦しむと思う。

結婚に対してもそう。

好きな人との、恋の未来には

結婚という形がほしい。恋愛において

不倫や浮気は一番してはいけないことだと思っている。

それは、相手を一番傷つける行為だから。

相手の精神を壊してしまうことは、殺人と等しい行為だと思ってしまう。

 

一夫一妻制という結婚の形が

崩れてきているのだろうか?

他人の多様性を認めるけれど

自分の意見や趣向もそれと同じくらい大事にしたい。

 

 

一生のうちで人は何度か恋をして

この人と一緒にいたいと思って結婚するのだろう。

でも、いつかその気持ちは

変わってしまうこともある。

悲しいけれど、それは仕方のないことだと思う。

長年一緒にいた夫婦には、愛とは別の感情

いわゆる「情」というのがわく。とはよく言われている。

 

私は昔、10年くらい事実婚だった彼に浮気をされた。

浮気が原因で別れたと思っていたが

今振り返ると

実は、その前からふたりの間は

少しずつ少しずつ別れに向かっていたのだと思う。

それが、浮気をきっかけに二人の開いてしまった距離を

炙り出してくれたんだと、今ではそう思っている。

 

結婚してる人が、いつしかパートナー以外の

他の人をすきになって

別れてください、って言ってすんなりことが運べば

どんなに世の中すっきりするだろう。

嫉妬、自信喪失、怒りいろんな感情が

湧いてきて、そのことに対峙しなくてはいけない

自分の醜い見たくない感情と向き合って

答えを出していかなければいけないのだ。

 

石井ゆかりさんの「愛する人に。」を

 

何度も読んで、私はいまの恋愛について考える。

ふたりで一緒に越えていこう、とメッセージを送ってくれた

にゃーりんの言葉を信じるしか、いまはできない。

 

なんか、とりとめもなく思いつくまま書いてしまったけど

これがいまの気持ち。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

メンタルヘルスは風邪と同じ

今日この記事が目に止まって、改めて考えたこと。

www.huffingtonpost.jp

 

メンタルヘルスってどうしても偏見があって重要視されにくい。

よく巷では、メンヘラと同等の扱いで揶揄されていたりする。

 

でも、本当に心の病は身体的な病気と同じだから

軽く見たりしないでほしいな、と思う。

本人にとって、それはそれは辛いことだから。

ガン患者に、病気になるのはあなたの性格が悪いからです

とか

そんな生活してきたからです

とか

やばい、こんな病気になってる人とは関わりたくない!

と、責める人いる?

 

(まあ、そういう人もいるかもしれないけど)

 

文中に、王子王女に対して

メンタルヘルスの問題が、普通に捉えられる世界で成長できればいい」

とあるけれど、全くその通りで。

 

偏見や差別のない社会にしていこう、できることから。

まず自分から変えていこう、と思って

私は産業カウンセラーの資格をとった。

自分が、鬱になったこともあって

よくなって

心理学にとても興味を持った。

 

カウンセラーとして活動していけるように

もっと勉強して、苦しんでる人がほんの少しでも

気持ちが軽くなったり、病気がよくなったりする

お手伝いができたらいいな、と

ちょっと真面目にいつもより真剣に

思ったのでした。