Tree

日々の雑記ノート

平成最後の満月に

初めてのマインドフルネスショートケアの日だった。

 

クラスは途中休憩を入れて

前半はヨガ

後半は瞑想

というプログラム。

時間は着替え時間を入れて3時間。

長いなーと思ったのだけど

やってみたら案外早くすぎていった感じ。

 

マインドフルネスは

本とか、動画で知っていたのだけど

一人でやっていると

どうしてもこれでいいのか?と思うところがあって。

でもここはちゃんとしたクリニックなので

先生のガイドに促され

集中することができた。

 

一緒に受けてた人は私を入れて7人。

終わったら、みんなで輪になって

どういう気持ちかをシェアする。

心療内科でやっていることが安心でもある。

 

今まで、いくつか自助グループに参加したことがあるのだけど

今日のが一番居心地が良かった。

 

 

 

今日は満月。

物事が満ちて長く続けることをスタートさせるのにいい日とされている。

私のネイタルホロスコープでは第6室の満月。

6室の意味は、健康とか体・心のメンテナンスとか、雇用、働き方とか。

まさにぴったりなスタートでもある。

 

 

 

 

2回目のカウンセリング

今日は、カウンセリング2回目だ。

4月最初の診察から毎週通っている。

認知行動療法なので目標とするところがあって

回数も決められている。カウンセリングは最高10回まで。

本当にそれでやれるん?

と思ったが、やるしかない。

 

今日は、その最終の目標をどこに置くかということを

決めてきた。

私の場合、ズバリ復職だ。

職種は変わっていい。でもフルタイムで

生活保護を抜けられる収入が得られて

やりがいを得られるような仕事。

それから、もう一つの目標はにゃーとの関係を前に進めること。

 

ということで、

今日は認知行動療法のシートをもらってきた。

これ自体は、本とかで読んでいたので

知ってはいたんだけど、実際やったことはなかった。。

でも、今回はカウンセラーさんと一緒にできる。

伴走者がいるのと

いないのとでは違うなと思う。。いや思いたい。

 

まずは毎日の気分に点数をつけて

嫌なこと、悲しいこと、フラッシュバックしたことがあれば

書く。

一日のスケジュールも書く。7時起床とか、お昼ご飯とか、パートとか。

これでどんな時に

何がきっかけで

落ち込んだり怒ったりしたのかを把握する。

 

 

「◯◯(私の名前)さんは悪くないんです。

ただ、心の中でミニ◯◯(私の名前)さんが出てきて

過去に起こったことを囁いたり

まだ起こってもいないことを心配したりしているんですよ。」

というカウンセラーさんの話に思わず

そうか、mini meが出てきて

私を不安がらせて怒りに執着させようとしているんだ!!!

なんかmini neっていうだけで

可愛いなー、面白いなーと思わず笑ってしまった。

愉快なカウンセリングだ。

 

とにもかくにも

始まった。

 

 

一歩進んで二歩下がる

気分が重い。

ますます闇に落ちていってる感じ。

一度見えた出口の光が

今はもう見えない。

 

昨日、カウンセリングを受けてきたのだけど

認知行動療法とは?みたいな話しと

今一番辛いことは?という話しをした。

また話しながら思い切り泣いた。

ただ、あとで少し楽になった。

もしかして、私は話したかったのかもしれない。

今まで、ずっと話せなかったことを

少し話せて、それで楽になったのかもしれない。

自助グループでも話せなかったし

誰にも言えなかったもんね。

辛かったね、私。

 

保険診療の場合、カウンセリングは30分と決められていて

うーむ、、と思ったが

仕方がない。

自費診療で1時間1万円は払えないので

できる範囲で治療していくしかない。

 

今日は気持ちよく晴れています。

始まりの四月

新しい精神科のクリニックへ通うことになった。

 

初診の日に問診票を書くのだけど

電話予約をした際に

自宅に送りますとのことだった。

うちに送られてきたそれは以前のクリニックとは段違いに多かった。

ああ、うちに送るってそうだよね、こんなに多いんじゃ

待ち時間でも書けないわっていうくらいの量。

 

最初なので先生に今までのことをお話した。

幼少期やこれまでの家族との関係は繰り返し聞かれた。

やはり、そこは要なのかな。

それから、受けたDVのこと、パワハラのことを話した。

以前の先生にはなんか話づらくて話さなかったけど

今回の先生には話したいと思った。

そのことを告げると

「話してくれてありがとう、でも

つらいことは話さなくていいよ。無理しなくていいよ」

と言ってくれた。

 

去年の夏、パニックを起こした時に

抗不安薬を出そうか?と打診されたけど

薬は飲みたくなかった。抗うつ薬抗不安薬

ネットには怖いことしか書いてない。

漢方も効かないので

私は行動療法やカウンセリングで治したいと思い

いろいろ保険対応している病院を探していたら

このクリニックが見つかったのだ。

認知行動療法とマインドフルネスを治療に取り入れている。

不安症を専門にしているのもなんか気に入っている。

PTSD専門ではないのだけど。

 

私は長い時間をかけて病気になってしまったから

すぐ治るということはないだろう。

それでも、人生やり直したいと

思うほどには、良くなってきている気がしてる。

 

 

ハードルが上がってしまったこと

以前、ホームレス支援のケースワーカーさんとお会いした時に

「行政の窓際作戦で、生活保護の申請者を断ることがあるが

一度断られると二度目のハードルはすごく上がって

もう来なくなりそのままホームレスになってしまうことが多い』

とおっしゃっていた。

行政も不正受給を防ぐためいろいろ苦労されているのだと思うが

それが本来生活保護を受けるべきひとを落としてしまうことになる。

 

それは私自身も経験あることで

一度目に行った時に、「まだ働けるでしょ?」と言われ

生活保護は病気とか怪我をして働けない状態じゃないとダメなんだとおもってしまった。

そこから、必死にあがいていろいろやってみたけれど

すでに下り坂の重力には抗えず、どんどん転げ落ちていった。

 

これは、私とネコとのこじれた関係にも当てはまる。

コミュニケーションが全く取れない状態で

会うことができない。その解決方法も全くわからない。

このこう着状態がいつ終わるのか

何をすればいいのか

全くわからない。

私なりに行動を起こしても失敗。

二度目はもうハードルが上がって挑戦しようとする気力はない。

精神状態はどんどん悪くなるばかり。

最近は涙が止まらず、また一日中家にこもる生活が続いている。

2016年12月と同じ状態。あの時は

生活保護というセーフティネットに引っかかったけれど

今度はどうすればいいのだろう?

 

こんなことを3年半。

2015年9月から時計の針は止まったままである。

トライアルを重ねて

 

自分にゆるくでいいんだよ、と

精神疾患関連の本にはよくそう書いてある。

 

心療内科に通い始めて一年以上

その前からもしんどい辛い時期を入れると

三年以上もこんな状態でいる。

不安障害の身に甘んじるな、と思う。

いい加減に甘えるとかそういうことじゃなく

自分の生活を取り戻したい。というか作り直したい。

 

トラウマも受け入れると覚悟ができた。

以前はそういう考えすら受け入れられなかった。

絶対治すんだ。トラウマを忘れるんだ。

生まれ変わるんだ。と、強く思っていた。

 

でも、いろんな本を読み

トラウマの当事者のお話を聞いて

トラウマはそこにあっていい。

受け入れて一緒に生きていくんだ。

私はトラウマを携え人生を生きていける、という

考えもありと思えるようになった。進歩だ。

 

これまでも、今も、苦手になって、できなくなってしまったことを

乗り越えようと一人認知行動療法をやっている。

 

今日は、朝活のイベントに行こうと思った。

内容はハラスメントについてだったので

興味もある。しかし登壇者もイベント来る人の属性も、

苦手なタイプだけど

なんとか頑張ろう、としたのが悪かった。

朝、当然早いのだけど

電車にはもう人が結構乗っている。

あ、ダメかも。と、ちょっとドキドキ

息が苦しくなってきた。渋谷に着いた時点でアップアップの状態。

電車に乗れたことで今日は合格として

ちょっと休んで帰ってきた。

 

ここまで、ヘタレになってしまった自分が情けない。

 

もう私は会社で働くことはできなくなってしまったのだろうか。

ちょっとかなりこの状態を受け入れるのは辛い。

 

苦手なものは苦手なのだ、そこは無理しなくていい。

ということがわかっただけで、今日は、はなまる💮。

貧困のスパイラル

生活保護を受けたからといって

生活が楽になるわけではない。

 

最低限、屋根のあるうちに住むことができることはありがたい。

これはホームレス状態からしたら大きな一歩だと思う。

だが、そこからが問題だ。

 

私の場合、ちゃんとした仕事に就こうとしているが

厳しい。想像以上に厳しい。

1日中家にいると自分はますますダメ人間だという思考にとらわれてしまうので

パートの仕事を始める。でもそのパート先では

いじめがあり、私はシフトに入れないという状態。

よくわからない古くから働いてる鬼婆

(年取ってるという意味ではなく性格悪いという意味)が偉いらしく、

私はシフトに入れないだけではなく

仕事も掃除しかさせられないらしい。大丈夫か?鬼婆さんたち。

借金の返済もあるので、そんなクソみたいなところでもやめられない。

少しの控除額でもあったほうがいい。

パート代は丸々借金に消え、生活補助費も一部借金返済に当てている今

毎日の生活費は本当に余裕がない。

 

こういう状態が、生活保護を受給した時から続いている。

貧困は生活保護受給の一年以上前から始まっていて

精神的に打撃を継続的に食らっていて

それらは想像以上に私を蝕んでいた。

抜けようにも抜けられない。

どうやってここを脱出するのか

本当に途方に暮れている。

 

精神的にもう無理だ。