Tree

日々の雑記ノート

二度目の鬱

私が最初に「鬱」な気分になったのは、30代後半の頃だった。

 

胃が痛くて、吐き気がして、仕事もやる気がでない。

不眠が続いて、精神的にも不安定なのが、自分でもわかるのだけど

どうしようもない。

 

転職したてで、こんなことではいけないと焦った。

幸い大きな会社だったので、メンタルヘルス室みたいなのがあったから

相談したら、すぐに産業医に診てもらうことになった。

 

私の場合、体にストレスの症状がでる心身症と診断されて

精神科ではなく、内科の先生に診てもらうことになったのだ。

人生初の胃カメラで、胃痛原因のピロリ菌が見つかったので、すぐ抗生物質を処方されて、2ヶ月ほどで完治した。

 

 

でも薬よりも、多分効いたのは、先生との会話。

 

女医さんだったので、女性特有の悩みにも寄り添ってくれたり

心を許せて何でも相談できる、心強いお姉さん的な存在だった。

 

すっかり良くなって、先生からも

鬱な気分になった時の気分の変え方とか、いろいろ教わって

自分でも自分の気分の扱いには細心の注意をしていた。

 

だけど、だけど、だけど

今は、その「鬱」が再び、現れてしまっている。

 

原因は、わかりすぎるほどわかってる。

好きな彼との喧嘩が未だに解決できないまま

時間だけ1年半以上も過ぎていること。

父が亡くなったこと。

失業してしまったこと。

すべてが、どんどん悪い方に流れて

自分ではどうしようもない感情の濁流に流されるまま。

 

ちょっと自分に対して、大丈夫と思いすぎていたのかもしれない。

自分を過信しすぎて、自分の感情をないがしろにしすぎたのかもしれない。

こうやって内向的に考える癖が、よくないのかもしれない。

 

「鬱」との戦いがいつ終わるのか、まったくわからない。

その不安と苛立ちが、また自分を苦しめる悪循環。

 

助けて、と心が叫んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする