Tree

日々の雑記ノート

毒親

「毒になる親一生苦しむ子供」

ぎょっとする本のタイトルだな、と思い手に取った。

 

私は、昔から親兄弟との関係でうまくいってなかった。

自分の生き辛さがなんなのかまったくわからなかった。

自分の性格が悪い・頭が悪いと

言われ続けていて

そうだと思い込んで、自分も直そうと努力していた。

 

その頃、この本に出会った。

読んで、一言で言えば「カタルシス」。

 

自分の辛さはこれが原因だったのかもしれない。

長年苦しめられてきて、解決方法もわからない。

それが、これが原因ですよ、と本から教えられた。

 

原因がわかると、人間は不思議なもので

もう悩まなくなる。それより、どうすればいいのかということに

時間を割く。

 

最初は、親に対して恨みもあった。どうして他の親みたいに優しくしてくれないのだろう、他の親子関係はもっと親密だ、子供に関心がないのはどうしてだろう。。。

他の友達が羨ましかったりもした。

 

でも、もうそんなことはどうでもいいという気持ちになった。

親も人間なんだ。

だから同じことをそのまた親からされてきたんだ、と。

加害者はある意味被害者である、という風に考えるようになってから

私は、許す気になれた。

許すことは、距離を持つこと、という意味。

仲良くすることではないと思っている。

 

親の方は、未だに改まっていないが

それは仕方がないし、私は自分の人生を

同じ色で塗りつぶしたくはない。

 

でも、もしかしたらまだ本当の原因は解決していないのかもしれない。

未だに彼とのことが進まないのも、もしかしてこれが原因かもしれない。

 

正しい道なんてない。

試行錯誤しながら

それでも私と一緒に道を歩いていってくれる愛する人

見つけていくのだと思う。

 

その道に意味があるんだ、と思う。

 

 

 

広告を非表示にする